厳正な基準とは

ダイアモンドの買取相場は、ダイアモンドのカラット(重量)、カラーとクラリティー、カットの4Cと呼ばれる明澄度によって変わってきます。
1カラットは0.2グラムですが、カラットは重量のことであって大きさではありません。
また、カラーはアルファベットで分類されますが、無色透明から黄色味のおびたものなど、様々です。
無色透明なダイヤモンドほど、他の貴金属との相性が良く、使い道が豊富なので高価買取が期待できますが、イエローが強い程価格が落ちます。
また、ブラウン系の色になると、更に相場価格が落ちます。
クラリティーは、光り輝く度合いを現しますが、輝きが美しい程高価買取を期待することができ、不純物や傷が多いほど、輝きを阻害するので相場価格は低くなります。
最後にカットですが、これは仕上げとも呼ばれ、ダイヤモンド原石をどのように加工し、より光り輝かせるかという仕上げ方法によって相場価格が異なります。
よく輝くダイヤモンドは、実際のものより大きく魅せる高価があるため、ダイヤモンドの特性を生かすブリリアンカットを施したものは高価に、プリンセスカットは光の輝きが期待できないので、高価買取は期待できません。
このように、4Cと呼ばれる基準によってダイアモンドの相場価格は決定されます。
コンディションによりますので、複数の業者に鑑定してもらい、価格に大きな差がなければ鑑定結果に間違えがないと判断できます。


ページトップ